アクセス 歯が痛い 歯周病 予防がしたい インプラント 人工の歯について

歯周病 - Dr.川村のココがポイント -

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。日本人の成人の8割が歯周病にかかっていると言われ、最も患者数の多い疾患なのです。
なのに、なぜか歯周病に対する意識は低いのです。

先生画像

どんな疾患なんですか?

歯についた細菌により、歯ぐきが炎症を起こすことが始まりです。歯ぐきから血が出たり、口臭がでてきます。
悪化すると歯を支えている骨が溶けて後退します。歯がグラグラして、最後は抜くことになります。

歯周病画像

痛くないのですか?

悪化しても、ほとんど痛みは感じません。これが歯周病の一番のポイントなんです。

ポイントですか?

痛くないから気付かない、気付いても痛くないから治療に行かない。歯周病の怖いところです。

重症にならないと受診しないということでしょうか。

もっと早く来ていれば歯が残せたのに……という患者さんが多いのです。残念ですが。

怖い病気ですね

歯周病は単に口の中だけの病気ではなく、糖尿病や高血圧、血管疾患など全身の病気にも影響を与えることが分かっています。妊娠中も要注意です。

高齢者に多い誤嚥性肺炎にも歯周病菌がかかわっているとの研究結果もあります。

おじいさん画像

どんな症状があれば歯周病ですか?

歯ぐきが赤い、歯ぐきから血が出る、歯ぐきが膿んでいる、起きた時に口の中がネバつく、口臭が気になる。こんな症状が疑わしいですね。

歯画像

歯科医院で販売している、歯ブラシや洗口液、歯みがき剤などを使ってみるのも良いと思います。

治療すれば治りますか?

歯石や歯垢をとることで口の中の細菌を減らす治療が一般的です。
薬で細菌を減らすこともできます。

歯画像

しかし、残念ながら溶けた骨は戻ることはありません、悪化してしまった歯周病は治療するというよりも進行を抑えるといった感じです。

予防できますか?

できます。
とにかく細菌の数を少なくすること、口の中をきれいにすること。
これにつきます。

歯画像

↑ページの先頭へ