アクセス 歯が痛い 歯周病 予防がしたい インプラント 人工の歯について

歯が痛い - Dr.川村のココがポイント -

歯の表面が黒くなっている、ちょっと欠けている、穴が開いた、水や甘いものがしみる、時々痛い……こんな症状がありませんか?
「痛くて我慢できなくなったら、歯医者さんに行こう」なんて考えていませんか?
痛みを感じる虫歯は重症なんです。痛みが出る前に、まだ初期の段階で治療を受けることがポイントです。

先生画像

どうして虫歯になるのですか?

口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。細菌は歯に付いた糖をエサにして増えていきます。増えた細菌は歯にくっついて酸を出し、この酸により歯が溶けるのが虫歯ができる仕組みです。

バイキン画像

虫歯になったら、どんな治療をしますか?

基本は「削って詰める」です。
当院ではマイクロスコープやレーザー治療機を導入し、なるべく削らない、なるべく抜かない治療を行っています。

初期の虫歯なら治療が簡単なのですか?

初期の虫歯であれば、削る部分が小さいか、削らずにすむこともあります。

ですが進行した虫歯の場合は、神経をとったり、根っこの処置をする必要があり、大がかりな治療となります。場合によっては抜くことも。

初期の虫歯を見つけたら、なるべく早く治療すれば良いということですね。

その通り。

ちょっとでも痛くなったら、早く治療を受けるのがいいですね。

バツ画像

痛みを感じるということは、虫歯が神経に達している可能性があり、既に重度化していることが多いのです。

痛みを感じる前、ちょっとした変色や「しみる」といった症状が虫歯の初期。この時に治療するのがいいですね。

「しみる」はわかりますが、全ての歯の変色を見つけるのは難しいと思いますが……

困った顔画像

確かにそうですね。奥歯やすべての歯の裏までチェックするのは、一人では無理です。 3か月に1回くらいは歯科受診してチェックしてもらうのが理想的です。

定期受診している患者さん、結構いますよ。

納得顔画像

家庭でできる虫歯予防なら、どんなことがありますか?

毎日のブラッシングが一番です。お口の中を清潔に保つことです。

他にどんな予防がありますか?

1、甘い食べ物を控える
2、キシリデント配合のガムやタブレットをとる
3、フッ素を歯に塗る
4、フッ素入りの洗口液を使う
5、不規則な生活をしない
ぜひ試してみてください。

↑ページの先頭へ