奥歯について気を付けましょう

日々の歯磨きは重要な口腔ケアですが、この歯磨きは、どの歯でも同じように出来る事は少ないようです。
多くの場合、奥歯については磨き残しが出やすいと考えられています。

鏡で見ても良く見えませんし、狭くなるため歯ブラシも届きにくいなどの要因があるためです。

奥歯は噛む力と密接に関わる重要な歯です。
特に力がかかる歯のため、奥歯が失われると、噛む力は大きく減少し食事を楽しめなくなってしまいます。

奥歯にはこのような特性があるためか、前歯よりも寿命が短いとされる研究があります。
ですので、奥歯のケアについては、前歯とは違ったケアを行う事が考えられています。

タフトブラシについて話題にしたことがありますが、このタフトブラシは毛束のサイズが小さい事もあり、歯ブラシが届きにくい奥歯にも届かせることが出来ます。

奥歯のケアのため、使ってみてはどうでしょうか。

一つの道具(歯ブラシ一本)で全ての歯をケアするのは、昔の考え方です。
今は色々な道具がありますので、それらを使い分けて口腔ケアを行うようにしましょう。

一覧に戻る