大人に特有のむし歯

皆さんは「むし歯」と聞くと、どんなものを連想されますでしょうか。

この図のような歯の上部から浸食される感じですかね。

未成年の方の場合、このタイプが一般的なのですが、30代以降の大人の場合、違うパターンのむし歯が現れます。
それは、「根面う蝕」と呼ばれ、歯の横から虫歯が発生するものです。

この図では、歯周病によって歯茎が下がった所から虫歯が発生しています。
むし歯予防のためにも歯周病対策が重要だと言えます。

歯の横の部分(根本)は本来であれば歯茎によって守られている部分です。
このため、歯上部のように厚いエナメル質で覆われておらず虫歯に弱いため、ここが露になっていると、原因とは関係なくリスクとなります。

そのリスクの一つが前回取り上げた歯周ポケットです。
年を取ると歯茎が下がりやすくなり、歯周ポケットが出来やすくなります。

この歯周ポケットからも「根面う蝕」が発生する事があります。

これは、毎日の歯磨きの際に「歯と歯茎の境目」に注意するよう言われている理由の一つになります。
最初の図を頭に浮かべて歯の上面だけ磨いていても、「根面う蝕」は防げませんので、注意して丁寧に歯磨きをするようにしましょう。

一覧に戻る