ホワイトニングについて

歯には様々な色素が付いて、色が変わります。
この着色は日々の口腔ケアである程度は防げますが、どうしてもブラッシングやクリーニングでは落としきれない歯の着色というものは残ります。
この色素が付いてしまった歯を、色素を分解することでもとの白い状態に近づけるのがホワイトニングです。

また、歯の治療では歯冠と呼ばれるものを使う事があります。
銀歯や金歯などど呼ばれる金属製のものもありますが、レジンなど自然の歯と同じ色合いを再現できる素材もあり、前歯など見た目に関わる部分ではよく利用されます。

この歯冠を使った治療をした歯と、元々の歯が隣り合わせになっている場合、困ったことになる事があります。

これは歯冠と自然の歯で、色の付きやすさなどが異なる場合があるためです。
歯冠の素材や食生活によって変わるため一概には言えませんが、治療直後は同じ色だったのが、次第に違う色になる事があります。

こういった場合も、自然の歯のほうが着色が目立つ場合など、ホワイトニングによって改善できるケースがあります。

当院ではホームホワイトニングを取扱っておりますので、歯の着色が気になる方はご相談ください。
(ホワイトニングは保険適用外ですのでご注意ください)

一覧に戻る