部分入れ歯

部分入れ歯は、虫歯や歯槽膿漏、また、外傷などで失われた歯や歯肉などの機能を回復するために、歯を失った部分に入れ歯を入れるための装置です。

歯がないまま長期間放置しておくと、歯並びが悪くなり噛む力が低下したり顔形が変わったりします。
噛めなくなることで、消化器に負担がかかることも。

ご自身にあった部分入れ歯を装着することで、食べ物をしっかり噛んだり、歯を失う前と同じように発音ができるので会話も不自由なくなり、また、全身の健康維持にも役立ちます。

●部分入れ歯の構成

歯にかけるバネ(クラスプ)素材:金属
人工の歯(人工歯)素材:硬質レジン歯(プラスチック)、セラミック等
床(義歯床)素材:主にプラスチック


●部分入れ歯の種類

・ノンメタルクラスプデンチャー:金属の金具がないタイプ
・コーネスクローネ:自分の歯も加工して装着するタイプ
・歯科用磁性アタッチメント:マグネットの力で装着するタイプ
・金属床義歯:金属を使用した薄くて丈夫な入れ歯
・シリコンデンチャー:生体用シリコンを使用したやわらかい入れ歯
・生体機能的補綴システム:天然の歯に近い審美性が特徴の入れ歯

また、部分入れ歯は残っている歯を連結していく装置なので残ってる歯をきちんとケアしていく必要があります。

一覧に戻る