40代は歯の曲がり角

歯を失う原因の1位は歯周病です。歯周病の進行は30代くらいから始まるのが多く、40代50代と悪化がさらに進む傾向にあります。

若いころの歯茎は血行もよく、口臭も出にくく、歯が黄ばむことも少ない。これが30代を過ぎると、坂道を転げ落ちるように変わっていきます。歯茎、歯そのものも老化していくことが原因で、この曲がり角が40代と言われています。

40代になったら口腔ケアを見直してみる必要があるかもしれません。

帯広市 松﨑歯科医院 診療情報(40代は曲がり角)

一覧に戻る