根管治療で歯を残す

歯の根の中にある神経や血管が通っている管を根管といいます。虫歯が進行したり亀裂や外傷などで歯髄が炎症を起こしたとき、歯の根の治療が必要となります。これが根管治療です。

以前なら歯髄が炎症を起こしたら歯を抜くのが一般的でした。しかし最近では歯を残そうという意識が高まり、根管治療が一般的となってきています。

根管治療とは根管の中から傷んだ神経や血管を除去し、根管内部をきれいに清掃消毒、最後に再感染を防ぐ薬剤を根の中に詰めます。歯の基礎工事といえる重要な治療のひとつです。根管はとても細く複雑なことから治療が難しく、長期に及ぶこともあります。

根管治療を確実に行うことで歯を救うことができます。

帯広市 松﨑歯科医院 診療情報(根管治療)

一覧に戻る