フッ素ケア(フッ化物)

虫歯の発生を防ぐ効果のあるフッ化物、どのような効果があるかご紹介いたします。

フッ素の働き

・歯磨きで落としきれなかった歯垢をが作る虫歯の原因菌の働きを弱め口の中で酸が作られにくくなる。

・歯から溶け落ちたカルシウムやリンの再石灰化を促進させ歯が修復されるスピードが速くなる。

・歯の表面を酸のとけにくい性質に変化していく。

フッ素の安全性

フッ素は、自然界に存在するミネラル成分で、やさい、くだもの、魚介類、海藻類にほどんどの食品にも含まれています。
歯科医院で塗るフッ素や家庭歯磨き剤は適量であるため害はありません。

フッ素の使用方法

・歯科医院でのフッ素塗布
歯科医院で濃度の高いフッ素を歯面塗布します。ちょっと酸っぱいですよね
塗布後はうがいはせず、ペッと吐きだし、30分は飲食ができません。継続して定期的に受けると効果的です。

・フッ素配合の歯磨き剤、ジェル
効果的に使うために年齢によってフッ素配合歯磨き剤の使用量の目安は異なります。
年齢にあった量で歯磨きをしましょう。
歯磨き後のすすぎは1回程度にとどめることで口の中に多くのフッ素を口の中に残します。

また、歯を磨いたあとにフッ素配合のジェルで軽くブラッシングするとさらに効果的です。

・フッ素洗口
歯磨きに加えうがいをして使用します。
使用後にすすがないでのフッ素が口の中にしっかりとどまります。

1つの方法だけでなく、これらの方法を併用するとより効果的と言われています。

一覧に戻る