洗口液と液体歯磨きの使い方

液体の口腔ケア用品として「洗口液」と「液体歯磨き」というものがあります。
一見よく似ており、「液体歯磨き」の事を洗口液に分類している情報もあるため、ややこしい事になっていますが、この2つは用途が異なります。

洗口液
口中浄化や口臭防止のための製品です。
口臭が気になるときや、歯磨きの後に使うと良いでしょう。

液体歯磨き
通常の歯磨きはチューブに入っていますが、これは液体なのでボトルに入っています。
歯磨きなので、ブラッシングの前に使います。
研磨剤が入っていないため、歯の着色汚れに対する効果は少ないですが、研磨剤は歯を傷める事もありますので、研磨剤の入っている通常の歯磨きと併用し、日によって使い分けるのも良いでしょう。

販売されている商品が洗口液なのか液体歯磨きなのか判断に迷った場合は、その使用方法を読むと判ると思います。
ブラッシングの前に使うのが「液体歯磨き」、後に使うのが「洗口液」です。

一覧に戻る