舌もケアしましょう

口腔ケアでは歯と歯茎のケアが大切です。以前よりこの2つについては何度か取り上げてきました。
しかし、食事の際に働いているのは歯と歯茎だけではありません。
「舌」も使っていますね。

この舌ですが、歯や歯茎同様、細菌が繁殖します。
従いまして、舌のケアというものも必要になってきます。
舌のケアが不十分ですと、口臭の原因になったり、味覚が低下するといった諸問題につながる事があります。

では、どういった方法でケアをすると良いでしょうか。

舌は柔らかいので、専用の道具である「舌ブラシ」を使うのがお勧めです。
あまり力を入れず、やさしくケアするようにしましょう。

頻度ですが、1日1回で十分だと考えられています。
起床後・朝食前がベストタイミングですね。

舌ブラシ

一覧に戻る