キシリトール入りガムの活用

むし歯予防のためにガムを利用する事があります。

いわゆるキシリトール入りガムですが、入っていれば良いという訳ではありません。
キシリトール入りガムは大きく2種類に分けられます。

むし歯予防のためのガム
甘味料はキシリトール100%のガムです。
むし歯予防を目的として利用します。
歯科専用ガムとして歯科医院にて販売しているガムもあります。
歯にくっつく事が少ないので、他のガムが歯にくっついて困った方は、一度試されると良いでしょう。

むし歯の原因にならないガム
キシリトールが50%程度含まれ、他の甘味料もむし歯の原因とならないものが使用されています。
(キシリトール以外の甘味料が砂糖など発酵性の甘味料の場合は、キシリトールの効果が減ってしまう事があります。)
このタイプのガムは自身がむし歯の原因にはる事はありませんが、むし歯予防効果を主目的として販売されているものではありません。

むし歯予防を狙ってキシリトール入りガムを利用される際は、パッケージの成分表示を確認するようにしましょう。

なお、事情はタブレットでも同様です。
むし歯予防のために利用される場合は、キシリトール配合量に注意しましょう。

一覧に戻る