就寝前と朝起きた時の口腔ケアが大事

・起床直後の口腔内は細菌が多い時間帯。

就寝中は汗をかき、体内の水分が不足になりがちに加え、唾液の分泌が少なり、また、口呼吸などの影響で、朝起きた直後の口腔内は乾燥しており、一日の中でもっとも口腔内の細菌が多い時間帯です。

これらの菌の中には粘膜を破壊するプロテアーゼという酵素を作り出すものがあり、感染をおこしやすくしたり、感染を重症化させてしまう原因になることがあります。

・眠る前に丁寧に口腔ケアを

寝ている間に細菌が増えるを抑えるためにも、夕食後、就寝前に口腔ケアをしっかりと行い、口の中を清潔にして細菌をできだけて減らして眠りにつくことが大切です。

歯ブラシに加え、デンタルフロス、歯間ブラシを併用したり、舌磨きをするものよいでしょう。

夕食後の歯磨きは眠くなると面倒になるので、入浴中に口腔内のケアもするのも一つの手です。

・起床時の口腔ケア

歯磨きは食後にするイメージがありますが、寝ている間にお口の中には細菌が増えていますので、うがいや歯磨きをしないまま食事をすると、食べ物と一緒にウイルスや細菌を食べてしまうことに。。。
起床時は食事の前に、うがいまたは歯磨きをする習慣を身につけましょう。

一覧に戻る