高齢者の方は口腔ケアに注目しましょう

口腔ケアは歯周病やむし歯の予防に効果的なだけでなく、ウイルス対策にも意味がある事を前回お伝えしましたが、高齢者の方にはもう一つ注目すべき要素があります。

一般に口腔ケアと呼んでいるのは「器質的口腔ケア」というもので、口の中を清潔にするための手段です。
これとは別に「機能的口腔ケア」と呼ばれるものがあります。

機能的口腔ケアは「食べる」「話す」といった機能面に着目したケアで、主に高齢者の方々を対象としています。
活舌が悪くなっているのを改善したり、誤嚥を防ぐための嚥下訓練、たんが絡んだり、食物がのどに詰まった時に「せき」をする訓練などがあります。

食べづらいなど食事に影響が出ている場合は、この機能的口腔ケアを行うことを考える必要があるかもしれません。
食べ物の種類が柔らかいものや流動性の食事などに限定されて栄養バランスが崩れると、様々な病に繋がりますので、一見健康そうでも注意が必要です。
ご家族の方が同居していない場合は、一度食事内容を確認されてみると良いでしょう。

当院では機能的口腔ケアは行っておりませんが、興味のある方は担当のケアマネジャーさんなどに相談してみると良いかもしれません。

一覧に戻る