歯周ポケットに注意しましょう

歯周ポケットとは、
歯と歯ぐきの間がプラーク(歯垢)の細菌によって炎症をおこし深くなった溝のことです

歯と歯ぐきの間には歯肉溝という溝があります。健康な歯ぐきではこの溝の深さは1~2mmですがこの溝にプラーク(歯垢)がたまるとプラークの細菌により炎症を起こし腫れていき溝が深くなっていきます。これを歯周ポケットといいます。

細菌や汚れが溜まり進行すると歯肉が破壊され歯周ポケットはより深くなり歯周病となります。
歯周病は、歯を失う一番多い原因と言われています。

歯周ポケットの内部は酸素が少ない状態なので酸素が多い環境が苦手な歯周病菌が繁殖しやすく深いポケットの内部では歯周病原菌の繁殖はさらに進みます。

歯周ポケットに溜まった細菌の影響で口臭が発生しやくなったり、
歯が歯茎から離れることで象牙質が露出しやすくなり、歯がしみやすくなります。

健康な状態では溝の深さが3mm以内、4~5mmで初期の歯周病、6mm以上で重度の歯周病と判断されます。

プラークを貯めないために歯磨きの習慣をおろそかにしないことが、歯周ポケットを作らないめに必要です。

また、ポケット内部の清掃は自分では難しいため歯医者で取り除いてもらいましょう。

一覧に戻る