フロスの種類を紹介します

フロスは歯ブラシでは取り除き切れない歯と歯の間の汚れを取るのに使いますが、その形状から2つの種類に分けられます。

一つ目はテープのように、糸が巻かれていて使う分だけ切り取って使うタイプ。
以前ブログで解説したタイプ(フロスのワックス)もこれです。

二つ目は糸ようじとも呼ばれるもので、Y字型やF字型の柄に糸が張られているものです。

では、どちらを選ぶと良いでしょうか。

糸のみのタイプは奥歯には向きません。
また、効果的に使うには、慣れが必要です。

柄についているタイプはフロス初心者でも使いやすいと思います。
ただし、クラウンの状態によっては、「入ったけど、引っかかって出てこない」という事態になる可能性があります。
糸のみなら、一方から抜き取れば問題ありません。

もし、出てこないという状態になったら、糸の部分をはさみで切って取りましょう。
無理に引っ張って出そうとすると、クラウンが外れてしまう危険があります。

ベストな方法は両方併用でしょうか。
歯の状態を見て、使い分けるのが最善ですが、面倒な場合はどちらか一方でも良いでしょう。
いずれにしても、歯ブラシのみより効果が高いのは間違いありません。

一覧に戻る