歯を白くする

皆さんはむし歯や歯周病の予防のため、歯のお手入れを続けていると思います。
ですが、うまくいっていても、別の問題に悩まされることがあります。

ブラッシングでは落としきれない歯の着色です。
歯科医院で行う歯周病予防のクリーニングでも、歯に沈着した色素の除去効果は望めません。

歯に色がつく原因は色々ありますが、表面の着色は日々の食習慣に由来します。
つまり、食べ物や飲料によって色がつくと言われています。
ですが、それは特別なものではありませんし、摂取を控えるといった対策は健康面で問題を引き起こす可能性があるため、あまりお勧めできません。

たとえば「健康にポリフェノールが効果的」「赤ワインにはポリフェノールが豊富」といった情報で知られる赤ワインですが、歯に色素が沈着する原因飲料の一つです。
だからといって、「赤ワインを飲むのをやめましょう」となってしまっては、ポリフェノールの健康効果が得られません。
飲食物を制限するより、歯のお手入れによって色がつくのを軽減するよう努めるのが良いでしょう。

ですが、あくまで色がつくのを軽減するだけですので、既についた色が薄くなる事は期待できません。
歯を白くするには専門の治療があります。

それがホワイトニングです。
ホワイトニングは表面の着色だけでなく、内部の着色にも効果があります。

当院ではホームホワイトニングを取扱っておりますので、歯の着色が気になる方はご相談ください。
(ホワイトニングは保険適用外ですのでご注意ください)

一覧に戻る