自分に合った人工歯

長く使う人工歯、いろいろな観点から自分に合うものを選びましょう

・見た目で選ぶ
見た目の美しい人工歯を選びたい方はセラミック系の人工歯をお勧めいたします。
オールセラミックの人工歯は、天然の歯に近い仕上がりが得られますが耐久性には欠けてしまいます。
ジルコニアセラミックやメタルボンドの人工歯は見た目と長持ちのバランスが取れています。

・予算で選ぶ
自己負担額が低い、保険適用の銀歯(金銀パラジウム合金)や、レジン、硬質レジン。
ただしデメリットも、仕上がり、強度、アレルギー性のなど。
予算と質のバランスを考慮されるとよいでしょう。

一覧に戻る