人工の歯-自費診療の歯

前回に続き、人工的に作った歯冠のお話です。
今回は自費診療になる歯についてです。

・メタルボンド
金属の骨格の上にセラミックを焼き付けたもの、変色と摩耗に強い特性があります。そのため、長寿命です。
金属部分の材質により、金属アレルギーがある方は注意が必要です。また、金属アレルギーの原因になる可能性があります。
裏側から見ると金属のままなので、審美性にはやや劣ります。
歯を失ったときの治療であれば、虫歯治療の一環ですので、医療費控除の対象になります。
(医師の診断書が必要。また、美容目的の場合はNG)

・オールセラミックス
骨格部分が全てセラミックでできています。強度が高く、金属を使わないため、金属アレルギーとは無縁です。
医療費控除の対象になるかどうかは、ご相談ください。

・ジルコニアクラウン
セラミックを使った歯。グレード※により、利用できる場所やカラーリング、形状の自由度が異なります。
審美性に優れ、予算に応じた選択肢が選べます。

※当院では「エコノミータイプ」「スタンダードタイプ」「ハイグレードタイプ」があります。

自費診療でいれる事ができる歯は費用が高い分、安全性や耐久性、見た目などに優れています。

一覧に戻る