人工の歯-健康保険の歯

歯を失ったとき、人工的に作った歯冠を使います。
実はこの人工歯冠にはたくさんの種類があります。
今回は健康保険でいれる事ができる歯についてのお話です。

・硬質レジン
保険適応なので安価。
白い部分はプラスチックなので摩耗や変色を起こしやすい。
使える場所が前歯に限定されています。
(他の場所に使うと、健康保険適応外になります。)

・銀歯
保険適応なので安価。
どこにでも使えるのですが、銀色なので目立ちます。このため、基本的には臼歯(奥歯)に使用します。
金・銀・パラジウムの金属アレルギーがある方には使えません。また、金属アレルギーの原因になる可能性があります。
治療後再び虫歯になるリスクがあります。歯周病が悪化しやすい。

健康保険でいれる事ができる歯は費用が安い反面、欠点も多くなっています。
なお、今回は歯冠のお話でしたので、以前話題にした詰め物用のコンポジットレジンは利用しません。

一覧に戻る