コンポジットレジンについて

近年の虫歯治療ではかぶせ物より詰め物を使う事が増えてきました。
それはコンポジットレジンと呼ばれる素材が進歩して、高い強度を持つようになったためです。

このコンポジットレジンには以下のメリット・デメリットがあります。

・コンポジットレジンのメリット

型どりが不要なため、1回の来院で終わります。
かぶせるわけではないため、歯を削る量が最小限度で済みます。
詰める先の歯と同じ色で目立たない仕上がりになります。
削ってすぐレジンを詰めるため、細菌感染の危険がありません。
金属を使わないので、金属アレルギーが起きません。

・コンポジットレジンのデメリット

難易度が高く、治療にかかる時間が長くなります。(特に奥歯)
歯と歯の間など高い強度を必要とする場所には向いていません。
時間が経つと色が変わってきます。
大きな虫歯など削る範囲が大きくなると難易度が上がります。

コンポジットレジンは痛みを感じる前の初期虫歯の治療に大きな成果を上げている素材です。

一覧に戻る