保険で白い詰め物が可能です

もし小さな虫歯ができてしまったら、虫歯を削って銀歯をつめるのが当たり前と思われている方がとても多いですが、その常識は少し古いものになってきています。

すでに日本以外の先進国では、随分前から虫歯治療には銀歯を使わないのが一般的になっています。

では、日本以外の国では虫歯を削ったところに何をつめるのかというと、コンポジットレジン(CR)と呼ばれる白い詰め物をつめます。

銀歯と違い色の面でも目立たないので、そんなものがあれば、使いたいと思われる方が多いのではないでしょうか?

ここ最近ようやく日本でも保険適用され、虫歯治療に詰め物のコンポジットレジンが選択肢になってきました。

コンポジットレジンについて、またそのメリット・デメリットについて、次回も紹介していきたいと思います。

一覧に戻る