歯周病の原因と予防

人はなぜ歯周病になるのでしょうか。

みなさんは歯垢(プラーク)という言葉を聞いたことはありますか。

歯垢は歯磨きが不十分だったり、砂糖を過剰に摂るとできやすくなります。
この歯垢には何十億個もの細菌が住んでいて、その中にはむし歯や歯周病の原因になる細菌もいます。
つまり、悪い細菌の繁殖が歯周病の原因なのです。

ですので、まずは歯垢を残さない正しい歯磨きが予防の第一歩になります。

ですが、歯磨きですべての歯垢を取り切るのは簡単ではありません。
歯ブラシが届きにくい場所などに歯垢がずっと残っていると、やがて歯石に変わります。
歯石になってしまうと、歯磨きでは落とせなくなります。
歯科医院での治療が必要になります。

しかし、歯ブラシが届きにくい場所ですから、歯垢や歯石があるかどうかは目で見ても判りにくいと思います。
歯科医院での定期的な健診や受診(専門的なクリーニング)がお勧めです。

 

(参照:日本臨床歯周病学会ホームページ)

一覧に戻る